ちっちゃな保育園のススメ

定員19名以下の小規模保育園をご存知でしょうか?
認可小規模保育園・企業主導型保育園を中心とした、ちっちゃな保育園のことです。


かつては認可外保育園として待機児童問題や時間外など、認可保育園ではカバーしきれない範囲までを担ってきた「ちっちゃな保育園」ですが、平成27年度(2015年度)から「子ども・子育て支援新制度」の中で地域型保育の認可小規模保育園や事業所内保育園として生まれ変わり、平成28年度(2016年度)からは企業主導型保育事業という働き方改革と一体の新しい制度が追加され、認可外保育園も認可園と同じく整備されてきています。もちろん、認可外保育園も変わらず多様なニーズに応えて運営されています。

こういった「ちっちゃな保育園」が増えた背景には、待機児童問題の社会問題化と働き方改革や、男女共同参画、暮らしの多様化による選択肢の増加などたくさんの要因があります。
「保活(保育園入園を目指した活動)」という言葉があるくらい入園しにくい地域もありますし、保育園の選び方も多様化してきている現在です。

さて、保育園を選ぶときにはぜひ直接保育園に足を運んで、見て・訊いて・感じてから検討して欲しいところですが、
ちっちゃな保育園はとてもとてもオススメなので、特徴をお伝えします!

 


特徴①定員19名以下で手厚い職員体制…0~2歳の時期を丁寧にきめ細かく、そしてゆったりと過ごせます

特徴②0歳児・1歳児・2歳児 中心の保育…乳幼児保育に特化した環境・異年齢集団の中で育まれます

特徴③2歳児クラスに所属中に3歳を迎えますが、ようやく世界のことが、自分のことが分かってき始めたその時に、あらためて子どもの”今現在”の様子から3歳児以降の進路を決めることができます!

 

 

市原市にもたくさんのちっちゃな保育園がありますが、
その中で私たちは「ちっちゃな保育園連盟市原支部」を組織しています。
主な活動は小規模保育園ならではの保育士養成研修の企画・実行と、市原市への政策提言です。
現在25園が加盟して、保育の質の向上、子育て支援・保護者支援について情報共有しています。
どうぞ、「ちっちゃな保育園」を見学してみてくださいね。

 

Zoomを活用した小規模園長会議

最近はZoomを活用した園長会議を開催しています